市販の妊娠線予防クリームや代用コスメ

市販の妊娠線クリーム

妊婦専用のコスメってやたら高く感じますよね~、妊娠線予防が保湿するだけでいいなら、安い市販のクリームや、普通の乳液・オイルでの代用でも良さそう…ただ効果としてはどうなのか気になりますよね。 市販品でストレッチマーク対策で選ばれてるコスメをピックアップしてみると…

・ニベアの青缶
・ベビーオイル(ジョンソンエンドジョンソン)
・植物オイル(マカデミア、ココナッツ…)
・馬油
・ドラッグストアの妊娠線クリーム

結果から言うと、最初の妊娠の時、市販コスメ使って私は失敗したんですよね。
大きなお腹に塗るにはそれぞれ短所があって、特に一番の問題は皮膚の弾力アップが物足りないっていうところだと思うのですが。
他にも塗り方が悪かったりして。
市販品や代用で妊娠線予防するときは、使うアイテムの特徴を分かって、ちょっと塗り方を工夫したり、他のコスメと併用したりしないと人によっては妊娠線出ることもあるので注意はした方がいいと思います。
もちろん、ただベビーオイル塗って妊娠線出来なかったっていう人もいるけど、自分にでき始めたときにはもう遅いんですよね。

マメに自分のお肌研究ができない人は、妊娠線専用のクリームを買ってしまうのがラクで、間違いないです… 


大きくなったお腹には専用のものが一番ラクで気分も良かったな~っていうのが結論ですが。
市販品で妊娠線予防に人気がある化粧品を紹介していきますね!

妊娠線予防、代用クリームで評判の良いもの

・ニベア青缶

ニベアの青缶は、プチプラコスメとして妊娠線ケア以外にも毛穴パックだったり、ヘアケアだったり多用途に使えて万能っていうイメージがあって、妊娠線予防で効果あったっていう声もあります。

私も1人目のときは、安さに惹かれてニベアにお世話になったわけですが、クリームでの保湿が不十分だったらしい下腹部にストレッチマークができてしまったので、ニベアを使うなら塗り方は要注意だと思います。

妊娠後期のお腹って思っていた以上にデカいです。私の場合、毎日塗っていても、ニベアの硬さだと塗りムラができて、浸透力が不足してたようです。
"伸び"の問題で、意外とニベア1つでお腹全体を塗るのって苦労します。ただただ全部に塗ろうとすると、ベタベタするし。
化粧水で全体を保湿してから、クリーム塗るとか何か工夫するといいかもしれません。何かで代用するとしても、経験上、妊娠線ケアは"伸びの良さ""浸透力"って普段の化粧品選び以上に大事な気がします。
≫私の妊娠線ケア体験(1人目で失敗、2人目成功)

ニベアは安いし(1個の値段500円前後)、ストレッチマーク以外にも使えるから試してみてもいいですね。

・ベビーオイル

ジョンソンのベビーオイルやクリーム、乳液が定番ですね。出産後も赤ちゃんの肌ケアで使えるので、妊娠中のお腹ケアに使用するママも多いです。ベビーオイルはさらっとして使いやすいので取り入れやすいというのもありますね。
デメリットとしては、妊娠中大人の皮膚に対しては、保湿力は弱いので何度も塗ったり、重ね付けしないと乾燥を感じやすいです。オイルは水分補給してくれるわけではないので、ローションの後にベビーオイルだとだいぶ良いと思います。2ステップになってしまいますが。。

こちらも、肌への浸透力と肌質(弾力性)を上げてくれるものではないので、メインで妊娠線予防として使うより補助的に乾燥した時付ける…というのが現実的かと思います。
ヴェレダやピジョン、か連ドラ、エルバビーバ、ダイソーのベビーオイルが有名です。ダイソーのベビーオイルは、ちょっと赤ちゃんに悪影響があったら怖くて妊娠中に使う気になれませんでした。

自然派に人気「植物オイル」で代用

完全に自然なものだけを、体につけたい人に選ばれるのは植物系のオイルですね。

ココナッツオイル

匂いで好みがわかれるところ

マカダミアオイル

癖がなく使いやすいですが、保湿力に欠ける感じがします。

ホホバオイル

妊娠線予防以外でも、敏感肌の女性の顔、手足、髪までべた付きにくいということで人気があります。

オリーブオイル

赤ちゃんの乳児湿疹に良いということで小豆島産のオリーブオイルを使ったことがあります。赤ちゃんの湿疹にはとても良くて、助けられました。質の良いものはさらっとしていて良く伸びるので、妊娠中のお腹に塗るのは不快感ある気がします。

日本の伝統、昔ながらの妊娠線ケア

馬油

ベタツキが強く、馬油で妊娠線を防げたという声は聞かないですね…

妊娠線ケアの基本

市販のクリームを使うときに気を付けたいことは、自分で少し工夫して気をぬかないこと。

毎日朝夜塗ること

塗りムラなく馴染ませること。
マッサージするとなおよい。

継続、丁寧に…が大事

続けようと思うと、市販の代用だと塗りにくさや香り、べたつき、効果が感じにくかったり…なかなかお手入れが続きにくい原因になるような気はします。

実際私も、ケチってお手入れが雑になったことが1人目で妊娠線ができてしまった理由だと思ってるので。

2人目で投入した通販系のちょっと高い妊娠線専用クリームは、買ったからにはお手入れ頑張ろうって思うし、妊娠期間中にぬりぬりする時間もお腹を愛おしく思えるようになった感じだったからヤル気スイッチ押してくれるものとしてアイテム投入するのもいいと思います!

通販系も高いからコスパ悪いってだけじゃないんですよね。
やっぱり使ってみると、使用感もすべすべ具合も全然違ってヤル気でマス。
女性は肌の感触がつるつるだと幸せオーラが出るんですよ(笑)

 

ベルタ妊娠線クリーム口コミ
*妊娠線ができなかった体験談*



 

 

ジョンソンエンドジョンソンのベビーオイルで妊娠線ケアの使い方

使い方は、いたってシンプルに清潔にした肌に塗りまんべんなく伸ばすだけです。ベビーオイルの場合は冬だと保湿力がいまいちなので、朝夜だけでなく乾燥を感じたら小まめに塗ってあげた方がいいですね。オイルだと水分補給ができないんですよね。。
本当はよく浸透するように、マッサージするやり方が妊娠線ケアではおすすめなんですけど、ジョンソンのベビーオイルでは滑りが足りないので、肌やお腹の赤ちゃんに負荷かかりそうでおすすめしません。 表面に塗るだけの使い方が無難です。

ベビーオイルを妊娠線ケアのメインで使うというより、補助的な保湿に使う方が良いように思います。臨月で皮膚が伸びてくるとベビーオイルだけでは心もとない気がします。

可愛い妊婦 マタニティフォト 安定期の旅行