FGF配合の妊娠線クリーム「ノコア」

ノコア アフターボディ トリートメントクリームには、美容業界で話題の成分FGFがたっぷりと配合されています。FGFとは、fibroblast growth factorの略称で線維芽細胞成長因子と言い、健やかな肌に大切なコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成を促してくれます。

FGF配合妊娠線クリーム

小さな細胞の機能改善で肌を元気に

線維芽細胞とは、お肌の真皮に存在する小さな細胞で、この細胞の機能が低下するとお肌が乾燥したり、シワやくすみの発生、肌荒れの原因になったり、ハリがなくなってしまいます。この線維芽細胞に本来の力を発揮させることで、肌の健康が守れるんですね!

芯から潤うことで妊娠線予防効果

妊娠線は肌が乾燥していても出来てしまうので、しっかりした保湿が必須です。けれど一般的なオイルでは、なかなかお肌に浸み込めません。お肌の表皮だけの効果でなく、お肌の奥深く真皮にある線維芽細胞に働きかけてくれるFGFだからこそ、妊娠線の予防にとても力を発揮するのです。細胞が衰えてしまった真皮は代謝が悪く、コラーゲンなどの美容に関わるタンパク質をうまく維持する事が出来ません。そこでFGFが配合されたノコア アフターボディ トリートメントクリームを使い続ける事で、普段は届かないお肌の角質層の奥までじっくりと浸透し、弱っていた肌細胞が刺激され活発に働いてコラーゲンやヒアルロン酸を作り出し、いつまでもモチモチでプルプル、くすみのないクリアなお肌に導いてくれます。 妊娠中にこの肌の奥の細胞が元気で弾力が無いと、伸びる皮への対応が間に合いません。。

FGF配合を選びたい

なので妊娠線予防にはFGF配合のものを選びたいですね。FGFは、妊娠線や深くなってしまったシワ、乾燥してカサカサしたお肌にうるおいを取り戻してくれる、 妊婦さん以外も出産後の衰えお肌に悩むすべてのママにとってベストな美容成分なのです。

妊娠中にFGFを塗っても大丈夫?

妊娠すると美容成分の肌への浸透、それから胎児に影響がないかとか全てが心配になるものですね。FGFは妊娠線予防のノコアクリームに使われてるくらいなので、もちろん妊娠中に使用しても問題ありません。

副作用なども心配ありません。
肌荒れやアレルギーに関しては、食品にしても化粧品にしても可能性がゼロのものはないですからね…
極端にいえば水アレルギーを持ってる人もいるくらいですから。FGFは肌トラブルを起こす可能性は極めて低い刺激も少ない美容成分です。妊婦さんは肌がデリケートになっていることもあるので、
最初は、腕に少し塗るパッチテストをしてみて赤みなどのトラブルが無ければ、お腹全体に塗ってくださいね。

妊婦さんのストレッチマーク予防にはおすすめのFGF配合クリームですよ♪

 

ベルタ妊娠線クリーム口コミ
*妊娠線ができなかった体験談*


 


 

 

可愛い妊婦 マタニティフォト 安定期の旅行