危機感がなかった初妊婦、先輩の助言でウェレダのオイルに助けられました

妊娠したら気になるのが妊娠線ですよね。一度出てしまうと、出産後も消えにくく、ずっと跡が残ってしまうといいます。
怖いですよね。私は、実は初期の頃は妊娠線という名前は知っていましたが、みんな出るものなのか、ケアしないとダメなのか、など詳しいことはわからなかったし、気にしていませんでした。しかし、5か月に入る頃、職場の先輩から妊娠線のケアとかしてる?と聞かれ、してない事を伝えると、絶対にしたほうがいい、出てからじゃもう遅いよ、などと妊娠線について色々教えてもらい、そんなに大事なことなの事なのかと、はっとし、その日から、毎日欠かさずケアを始めました。
そのおかげか、人よりもいつも大きい大きいといわれた妊娠中のお腹でしたが、全く妊娠線ができませんでした。そんな私の妊娠線の予防の方法、使用したウェレダオイルの口コミを紹介いたします。

ウェレダのマタニティストレッチマークオイルを保湿剤に

まず、妊娠線の予防に大切なのが、保湿剤です。今は沢山の妊娠線用の保湿剤が出回っています。クリームタイプ・乳液タイプ・オイルタイプ…
その沢山の種類の中から私が選んで使用していたのが、ウェレダのマタニティーストレッチマークオイルでした。
元々ウェレダのボディーオイルを使っていて、肌にも合うし、香りも使用感も大好きだったので、同じウェレダの物を選びました。
ウェレダのオイルの使用感は、本当にしっとりしています。サラサラで使い午後地がいいというよりは、しっとりしていて、じっくりお肌をケアしてくれるといった感じです。

たっぷりのオイルでマッサージが気持ちいい

私はお風呂上りにたっぷり目にオイルをつけて、優しくマッサージするように、時間をかけて塗っていました。妊娠線の出やすいお腹の下側を中心に、お腹全体、脇腹の方までケアしていました。それから私は、妊娠中に胸もかなり大きくなっていたので、胸の周辺にも使っていました。
香りも自然で優しい香りなので、においに敏感な妊娠中も、毎日癒されながらケアすることができました。
私は予定日が冬だったので、後期のお腹がパンパンになる頃には乾燥が気になりました。大きくなったお腹の皮膚が、乾燥してつっぱり、かゆくなることがたびたびありました。なので出先にも持ち歩き、気になったときにこまめに保湿していました。
毎日欠かさずケアしていたおかげで、綺麗なお腹のままでいられたので、こまめにケアをしていて本当に良かったです。

持ちが良く、産後の黒ずみにも使用

ウェレダストレッッチマークオイルオイルは1本100ml入っています。いつもたっぷり目に使用していましたが、出産まで使用したのが1本半でした。
このオイルは、産後のお腹のケアにも使えるので、残りのオイルは、産後のお腹のケアに使用しました。
実は産後のお腹のケアも大事なんです。産後のお腹は、萎んだ風船のように皮が伸びきってしまい、少し黒ずんでいる感じでした。黒ずみと乾燥も重なり悲惨な状態でした。
産後も、また妊娠中と同じように、マッサージするように毎日塗り込んでケアしていると、オイルが無くなる頃には、だいぶ綺麗になりました。産後3か月くらいだったと思います。
その後は、シェイプアップ系のオイルを使って引き続きケアをしています。

自分で見えないこともあるから要注意

妊娠線のケアはしておいて間違いないと思います。妊娠線が出ていないと思っても、実は自分では見えない大きくなったお腹の下側に出ていて、手遅れだった、なんてお話も聞いたことがあります。一度できたらなかなか消えないんです。やらないで後から後悔するより、毎日ケアして少しでも予防することが大切です。ケアをしても妊娠線が出てしまう方もいるかもしれませんが、少なからず最小限に抑えることができるし、
産後のお腹の皮の戻りにも影響してくると思います。

ウェレダ以外にもお腹のお手入れが楽しくなるような良い香りのクリーム、オイルいろいろあります。
自分に合う妊娠線用の保湿剤を見つけ、毎日ケアして、妊娠線を予防しましょう♪

 

ベルタ妊娠線クリーム口コミ
*妊娠線ができなかった体験談*



 

 

可愛い妊婦 マタニティフォト 安定期の旅行